かまずにのめ!〜片づけコンサルタント伊藤和純のブログ〜

こんまりさん直伝!片づけコンサルタントの伊藤和純のブログ

そろそろ その7(完結編)

さて、保護猫カフェまちねこからやってきた、カノンのことを書こうと思います。

 

カノンは、「はちわれ」と呼ばれる額の真ん中を左右に分けたような模様です。可憐は三毛だったので、1色減りました(笑)

 

カノンがやってきた7月30日、数時間出かける用事があり、戻るとお風呂場の入口を占拠されていました…。バスマットがボロボロですね(笑)この威嚇の色を含んだ瞳がなんとも言えません。

f:id:totoco3:20160813084353j:plain

 

この夜には、居間に出てきていました。キャットタワーの裏側、窓際です。かなり慣れてきた現在もここでよく寝ています。

f:id:totoco3:20160813084624j:plain

 

ですが、姿見の後ろに隠れてしまいました…。

f:id:totoco3:20160813084811j:plain

 

こんな日が続きましたが、8月2日頃から心を開き始めました!

f:id:totoco3:20160813085100j:plain

f:id:totoco3:20160813092306j:plain

f:id:totoco3:20160813092330j:plain

 

さて、本題です。

カノンと暮らしていくうちに気づいたのですが、

  1. 高い棚の上などに登らない(登れない?)
  2. わたしがキッチンに立っていると何かもらえると思ってすり寄ってくる
  3. わたしが食事していると手を出す
  4. 大きな物音やわたしが急に立ち上がったり、お手洗いから出てくると逃げ隠れることがある

これらについての考察

  1. 公園にいたところを保護主さんに保護されたようですが、その時骨折していたとのこと。その後遺症と思われます。
  2. 可憐は、野良猫出身ですが、こういうことはありませんでした。つまり、カノンはキッチンで人間の食べるモノをお裾分けしてもらっていた?
  3. 同様に人間の食べているモノをお裾分けしてもらっていた?
  4. 考えたくないのですが、カノンは人に飼われていてその際に虐待されていて、その後捨てられた?(これは考えすぎかも…)

可憐と比べると明らかに違うんですよね。可憐は高いところにもどんどん登りましたし、わたしの食べるモノを欲しがることはありませんでした。(魚には反応しましたが)可憐とは生後約2ヶ月くらいの時から一緒だったこともありますが、大きな物音には驚きはしましたが、わたしの顔を見て逃げることはありませんでした。

 

保護猫カフェまちねこでは、天真爛漫な無邪気な姿を見せていましたが、実は過去に悲しい思いをしてきたのかな…、と思ってしまいます。

 

今日でカノンがやってきて2週間です。わたしの咳はまだ止まりません…。一時期よりはよくなってきましたが、咳の原因もよく分かりません。

 

でも、カノンを正式に譲渡させていただこうと思っています。わたしが猫アレルギーだった場合も何とかなるでしょう?(笑)

 

最後に、

わたしの部屋は、片づけが終わっているし、ベッドも手放しているミニマリストなので、狭いけど広いです!元気なオス猫が走り回れます!全てのモノが定位置に収納されているので、イタズラされて困るモノはありません!

 

さあ、お部屋をすっきり片づけて、可愛い猫との暮らしはいかがですかー?(こじつけ…)

 

長くなりましたが、このシリーズも完結です。

カノンがやってきたからと言って、20年間寄り添ってくれた可憐のことを忘れることはありません。

そろそろ その6

7月30日土曜日、朝10時、保護猫カフェまちねこから

あの子はやってきました。

まちねこさんでは「のびた」と呼ばれていた子です。

 

その時の様子はまちねこさんのブログでもご覧いただけます。

ameblo.jp

 

のびたくんが入ってきたキャリーバッグの中が大騒ぎになっていまして、すぐシャワー行きになりました(笑)

 

新しい名前は「カノン」です。

一生懸命考えました。

先住猫は「可憐(かれん)」だったので、気づけば、一文字違いなのですが、意図的ではなく偶然です。猫の名付けについては、別の記事で書きますね。

 

このブログを書いているのは、カノンがやってきて11日経過した8月9日なのですが、実はまだトライアル期間中です。

 

通常トライアルは1週間なのですが、延長していただいています。何故?と言うと、8月2日から急に咳が出るようになりました(カノンではなくわたしです)風邪だと喉が痛くなったり、鼻水が出たりすることが多いのに、咳だけなので風邪なのかなあ?と…。

 

8月3日に長年通院している東洋医学のクリニックで咳止めをいただいてきましたが、治まりません。お盆休み期間に入ってしまうので、7日に近所の内科に行き、別の咳止めと風邪なのかアレルギー症状なのかの切り分けのための抗生物質もいただき、今日に至ります。

 

実は、わたしは動物アレルギーのキャリアです。先住猫の可憐は、20年一緒でした。それなのに、動物アレルギーっておかしいのでは?と思われる方もいると思いますので、簡単に説明します。

 

わたしはずっと一人暮らしの部屋、いわゆる密室で猫を飼ってきました。密室で長年猫と一緒だったため、動物アレルギーになってしまったのです。正確に言うといわゆる汚部屋、つまりガラクタの入った段ボール箱が四方八方積み上げられた中で、ろくに掃除もせずに暮らしてきたからだと思います。全ての方がアパートやマンションで猫や犬を飼ったからといって動物アレルギーになる訳ではないと思います。念のため。

 

ちなみに、小麦粉を長時間扱っているパン屋さんやケーキ屋さんが小麦粉アレルギーになってしまうこともあるようです。

 

わたしが動物アレルギーにも関わらず、猫を飼えるのは、慢性じんましんで抗アレルギー剤を服用しているからです。今から約10年前に急にじんましんが出て治まらないので、病院に行き、その時にアレルギー検査をしました。それで動物アレルギーだと分かったのです。それ以来、ずっと抗アレルギー剤を服用しているので、これと言った動物アレルギーの症状が出ていないため、猫が飼えていたのです。

 

抗アレルギー剤を服用しているのに、今回、動物アレルギーの症状が出たの?と思ったのですが、今まで一緒だった可憐とカノンは別の猫のため、そういうこともあり得ると内科の先生に言われました。

 

わたしの止まらない咳が風邪なのか、動物アレルギーなのかの切り分けのために抗生物質を飲みました。風邪なら抗生物質が効き、咳が止まるはずだろうと言う訳です。咳止めが効いてきたのか、咳をする回数も減りました。風邪だったのかなー?と思うのですが、トライアル終了のお返事をする今週土曜日まで様子を見ます。

 

さて、わたしの咳のことが長くなったので、うちにやってきたカノンの様子については別の記事にて。まだこのシリーズは続きます!(完結予定でした…笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

そろそろ その5

神田駅から徒歩10分ほど歩き、保護猫カフェまちねこさんに到着。

 

店長さんに早速里親希望の旨を伝えました。幸いにもまだトライアルは決まっていませんでした!

よかったー!!

 

譲渡に関する説明を受け、書類に記入をし、トライアル開始の日程も決めました。

少し間が開きますが、8月から勤務地が変更になるので、そのタイミングにしました。

 

保護猫カフェまちねこさんTwitterやブログでもあの子のトライアルが決まったことが告知されました。

 

わたしは、と言うと翌日から早速キャットタワーやごはん、おやつ、おもちゃなど必要なモノを買い揃えました。ものすごくワクワクしました。こんな気持ち、本当に久しぶりです。

 

 

4月8日からの3ヵ月間、本当にいろんなことがありました…。

 

事あるごとに何度も泣きました。可憐に何もしてあげられなかった自分を責めました。可憐の生まれ変わりの猫に出会えるまで待とうと思いました。

 

可憐の開けた大きな穴はどうにも埋まりません。そんな中、あの子に出会いました。

毛色も性別も違いますし、何よりも1歳ちょっとなので、可憐の生まれ変わりではありません。

 

なのですが、不思議なことに今回まちねこさんで撮ってきた写真を見返すと可憐に似ているのです。まちねこさんにやってきた4月の写真と比べると明らかに顔つきが変わってきています。

この子は保護された時に脚を骨折していたとのことですが、晩年の可憐は加齢で脚が悪くなっていたのですが、どうやら同じ側の脚です。

 

お迎えを1度白紙に戻したのに、どうしても気になってしまったのは、可憐が旅立って3ヶ月を過ぎた頃。偶然ではない何かを感じます。

 

思い込みかも知れませんが、あの子は来るべくしてわたしのところにやってくるのだなあと…。

 

 可憐にしてあげられなかったこと、この子にしてあげようと思います。精一杯愛情を注いであげようと思います。まちねこさんからお迎えできなかった他の猫たちの分もこの子を幸せにしてあげよう。そして、まちねこさんをできる限り支援していこうと思います。支援については後日書きます。

 

それがわたしの可憐への思いでもあります。

 

さて、このシリーズ、長くなりましたが、次回で完結の予定です。

明日の朝、あの子はやってきます!

 

広告を非表示にする