読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かまずにのめ!〜片づけコンサルタント伊藤和純のブログ〜

こんまりさん直伝!片づけコンサルタントの伊藤和純のブログ

風が聴こえる朝

4月2日にわたしが中学生の時から大好きな

鮎川麻弥さんのBirthdayライブがありました。

 

昨年は、ちょうどわたしの誕生日がBirthdayライブ

だったので、その時に書いたfacebookの記事を

転載します。↓

(改行、若干の加筆修正あります)

11日は、私が多感な少女期から愛して止まない、

鮎川麻弥さんのライブでした。鮎川麻弥さんは、

昨年デビュー30周年を迎えられた、実力派シンガーです。

アニメソングでデビューされましたが、

現在は氷川きよしさんのライブのコーラスや

CM歌唱、ボーカルスクールの講師などをされています。

 

私は、ほぼデビュー時から、

機動戦士Ζガンダムのエンディングテーマ

「Ζ・刻をこえて」と重戦機エルガイムの主題歌の

「風のノー・リプライ」から始まり、

現在に至るまでほぼ30年来のファンです。

 

本当に数え切れないほど麻弥さんの曲を聴いてきたので、

初期の頃のアルバム曲には、一言一句間違えずに

歌える曲が多数あります。

麻弥さんの紡ぎ出す歌詞は、オシャレな都会のオトナの匂いがして、

田舎の少女だった私は、本気で憧れていました。

 

今も憧れていますが、麻弥さんの存在、そして生き方、

すべてが好きで、私の半分は麻弥さんの存在でできていると

言っても過言ではないくらい。

 

ライブに行き始めたのは、ここ6,7年くらいなのですが、

ファンには女性が少ないこともあり、すぐ顔を覚えて

いただきました。ライブの後でちょっとお話したり、

公式サイトからメールを出したりできるなんて、

今でも夢のようです。

 

そして、いつかは来るであろうと思っていましたが、

今年は、とうとう私の誕生日とライブが重なりました。

 

「当日は誕生日なので、ファーストアルバムに入っている曲を

ライブで歌って欲しい」とリクエストメールを送りました。
もちろん無理を承知で、です。

 

そして当日、ライブが始まり、緊張と興奮で何が起きているか

分からなかったのですが、気づけば、1曲目は、

私がリクエストしたまさにその曲「The Dream」だったのです!

 

麻弥さんがニコニコしながら私を見ています!

本当に嬉しくて半泣きで一緒に口ずさみました。

他の人の迷惑になるので、声は出していません。

いわゆる口パク状態です。

 

本当に本当に優しくて綺麗で、カッコよくて

素敵な方なんです、麻弥さんは。

ライブで疲れているのに、嫌な顔ひとつせずにファン

ひとりひとりとお話したり、写真を一緒に撮ってくださる、

そんなファン思いの方です。

この先もずっとずっと私の永遠のあこがれです。

 

ここに「The Dream」の歌詞を転載させていただきます。

 

アルバム「走Do愛 SPECIAL VERSION 」収録


The Dream
訳詞:鮎川麻弥 作曲:Billy Livsey
Melissa Manchester 編曲:渡辺博也

 

忙しさに追われる 人たちを
軽めの ウインクで 見送ったら

乾杯しましょう 金色の愛に
夢に向かって 走り出すの

Maybe , Some Way
強くなりたいの Some Way
瞳 輝かせれば
あふれる愛で
夢もかなうはずよ Dream

人のうわさなんか 天気雨ね
めぐるこの時間(とき)は二人のペース
きのう 乗り越えた 明日の予感ステキ
世界は駆け足 でも 夢があれば

Maybe , Some Way
強くなりたいの Some Way
瞳 輝かせれば
あふれる愛で
夢もかなうはずよ Dream

強くなりたいの Some Way
瞳 輝かせれば
あふれる愛で
We’re the Dreamers of the dream

泣きたくなる日が来ても
つないだ手は離さずに…

Maybe , Some Way
強くなりたいの Some Way
瞳 輝かせれば
あふれる愛で
夢もかなうはずよ Dream

強くなりたいの Some Way
瞳 輝かせれば
あふれる愛で
We’re the Dreamers of the dream

 
伊藤 和純さんの写真
伊藤 和純さんの写真
伊藤 和純さんの写真
伊藤 和純さんの写真
 
わたしと一緒に撮っていただいた写真もありますが、
あまりにもわたしがブスに撮れているので、
自粛します。
 
 
そんな訳で今年も麻弥さんのバースディライブに
無事に行くことができました。
 
ライブで何度か顔を合わす度に麻弥さんの
ファンの方ともすっかり仲良くなり、
マネージャーさんにその方達と一緒に
わたしも「常連」扱いされました(笑)
光栄です!
 
当日のライブについては、麻弥さんのブログ
ご覧いただくとして、今年のライブ後の
お話タイムでは、
「和純ちゃーん」と呼んでくださり、
最後に手を握りながら温かい言葉をいただき、
また泣いているわたし…。

f:id:totoco3:20160411121138j:plain

 
本当に本当に麻弥さんが素敵で素敵でずっとずっと
あこがれで大好きだと思えた春の一日でした。
 
*ブログタイトルは、アルバム「新視界」に収録されている
大好きな曲より。
広告を非表示にする