読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かまずにのめ!〜片づけコンサルタント伊藤和純のブログ〜

こんまりさん直伝!片づけコンサルタントの伊藤和純のブログ

あれから

ネコのコト

3週間経ちました。

 
飼い猫の気配がしない部屋での暮らしにも慣れてきました。
 
先週末、なかなかたためなかったケージやごはんを入れていた容器、トイレを片づけました(手放してはいません)これでわたしの部屋から、可憐の使っていたモノは目につかなくなりました。
 
ただの殺風景な部屋になりました。
 
わたしはミニマリストでもあるので、基本的にモノの少ないガラーンとした部屋です。
 
可憐とは、20年も一緒にいたのに、「可憐との生活、あれは本当は夢だったのではないか?」と思うくらい現実味がなくなってきています…。
 
無意識に可憐のことを忘れようとしている自分がいます。日々、可憐のことを考える時間が減ってきています。
 
後悔の発作も来なくなったし、可憐を思って泣いてもいません。
 
それでも、お骨に向かって朝夕、声をかけて、お線香をあげ続けています。この3週間1日も欠かしていません。
 
わたしの自己満足ではあるけれど、精神の均衡を保つために必要な行為なんだと思っています。
 
可憐が旅立ってから、わたしの部屋の片づけが再開しました。(ときめきチェックし直し)
 
一部分の記事だけ必要な雑誌をバラして、その記事だけをスクラップしたり、使用期限の切れたコンタクトレンズの保存液、全く使わなくなったくるくるドライヤーなどを手放しました。
 
可憐がいなくなり、とことん自分と向き合っていくために、今のわたしには、片づけが必要なんだな、と思います。
 
変な話、今、わたしには、失うモノは何もなくなりました。
 
基本的に部屋の中はときめくモノだけですが、それらがなくても生きて行けます。
 
モノへの執着、手放せました。
広告を非表示にする